【現場レポート】新築住宅工事108ʕ·ᴥ·ʔ

こんにちはʕ·ᴥ·ʔ

本日は6月11日にアップいたしました

現場レポートの続きとなります。

新築住宅の躯体検査後、板金工事を行い

しっかりと屋根が出来上がった後より、

電気業者・設備業者による配線・配管

工事が行われます。

配線工事では気密コンセントボックスを

使用し、施工を行なっております。

高坂ホームでは施主様・ご家族の皆様

にも工事の工程をご覧いただいており

ます。

事務所での打ち合わせの他に、建設地で

打ち合わせを行うこともあります。

お客様のご希望内容をより正確に把握し

工事を進めるためです。

配線・配管工事後、専門業者による

断熱工事が行われます。

びっしりと吹き込まれた断熱材の様子

です。

高坂ホームでは吹き込み式の断熱

方法を採用しています。

配線や配管の間もしっかりと断熱を施

工したいと考えているからです。

次回、現場レポートでは、大工工事

の様子などをお伝えいたします。

なぜ現場レポートをブログを通して

お伝えするかというと、これから新築住

宅を検討されている方に高坂ホームの家

づくりを知っていただきたいからです。

 

高坂ホームでは皆様からの家づくり

お問い合わせをお受けしています。

どんなこともお気軽にお問い合わせください。

(電話、以下のホームページの問い合わせ

サイトのいずれも可)

ご相談・お見積り・プランニングはいずれも

無料で対応いたします。

 

 十勝地方帯広市の工務店 

株式会社 髙坂ホーム

上記の会社名をクリックすると高坂ホームの

ホームページが開きます、当社の家づくり

をご覧ください。

お問い合わせの場合はお問い合わせ

クリックするとフォームが現れますので、

必要事項を入れて送信してください 。

高坂ホーム建設エリアは帯広市・幕別町・

音更町・芽室町・池田町等の十勝地方です。